妊娠線とさようなら!産後の肉割れケアについて

ひとりの女性として、子供を授かることは人生の大きな転機といえます。

しかし、そんな一大事を終えた産後、お腹や胸に現れてしまうのが「肉割れ」です。

産後の肉割れが気になって、水着になることを諦めてしまったり、銭湯に行きにくくなってしまったりする女性は多いです。

今回は、産後肉割れができるメカニズムと、そのケア方法についてまとめてみました。

産後の肉割れはなぜできる?

産後にできる肉割れは、「妊娠線」とも呼ばれています。

特徴として、お腹や胸にできやすく、症状は大きなミミズ腫れのようなものや、赤紫色に変色したものなどさまざまです。

成長期にできるストレッチマークや、急激な体重の減少、増加によってできる肉割れと、妊娠線ができるメカニズムは同じです。

肌の奥にある真皮層が断裂してしまうことによって、肌表面に割れたような跡ができてしまいます。

肌は、表皮、真皮、皮下組織の3層によって形成されています。

外側にある表皮は柔軟性が高く、肌の伸長にもある程度対応することができますが、肌内部にある真皮層は柔軟性が低く、断裂してしまいやすいことが特徴です。

妊娠によって、お腹周りや胸周りの皮膚組織が急激に伸びてしまうことによって、柔軟性の低い真皮層組織が断裂してしまいます。

真皮で断裂した細胞は、修復に時間がかかってしまいやすいです。

また、肉割れに赤紫色をしたものができてしまうのは皮膚の下にある毛細血管が透けて見えてしまうためです。

産後肉割れケア、間違ってない?

産後肉割れケアの代表的なものとして挙げられるのが、マッサージです。

肌の血行を良くし、肌の生まれ変わりを促進することで、肉割れを薄くする効果が期待できるというものですが、間違った方法で行ってしまうと逆効果になってしまうことがあります。

産後肉割れは、肌の真皮にある組織断裂が原因であるため、マッサージを行うことによって、断裂が広がり跡が大きくなってしまうこともあるのです。

マッサージを行う際には、クリームなどで肌をしっかり保湿し、柔軟性を高めた上で行うことが大切です。

優しく撫でるようにマッサージを行いましょう。

また、セルライト解消目的で販売されているマッサージ器具などは、肌に強い刺激が加わってしまいやすいです。

これらのマッサージ器具の使用は、肉割れ跡をさらに広げてしまう原因になってしまうこともあるため注意が必要です。

肉割れを薄くしたい!どうしたらいいの?

肉割れを薄くするためには、肌のターンオーバーを活発化させ、新しい皮膚を生成することが有効です。

そのためにはいくつかの方法があります。

まず、短期間で高い効果を実感しやすいのが、病院で受けるレーザー治療です。

レーザーによって断裂した皮膚組織を刺激し、新しい皮膚組織への生まれ変わりを促進させることによって、跡を薄くすることに効果があります。

しかし、医院での治療になるため費用が高額になってしまいやすいです。

自宅でこつこつケアを行う場合は、クリームなどを使用し肌を保湿することがポイントです。

肌を保湿することによって、角質が剥がれ落ちやすくなり、正常な肌のターンオーバーをサポートすることに効果があります。

また、肌の表面の乾燥は、肉割れ跡を大きくしてしまう原因にもなるため、肌の保湿をこまめに行うことは重要です。

短期間で効果を実感することは難しいですが、ご家庭でも家事の合間にこつこつ続けることができます。

出産後の肉割れは、目立ってしまいやすいこともあり、多くの女性が悩んでいます。

完全に解消することが難しいといわれている肉割れですが、ケアを続けることによって薄くすることは可能です。

自分の生活スタイルに合わせた、適切なケア方法を選び、美しいお腹とバストを取り戻しましょう。